スポンサーリンク

The Village Singers (ヴィレッジ・シンガーズ)のボーカル清水道夫さんの直筆のサイン入りの色紙 (便利どっとリンク用の、直筆サイン保管箱その2に保管。)

The Village Singers (ヴィレッジ・シンガーズ)のボーカル清水道夫さんの直筆のサイン入りの色紙

スポンサードリンク

『亜麻色の髪の乙女』が有名、ヴィレッジ・シンガーズ。

やぁ。直筆サインコレクターのスネ夫です。

今回は、ヴィレッジ・シンガーズのヴォーカル、清水道夫さんの直筆サイン入りの色紙を紹介するよ。

ヴィレッジ・シンガーズといえば、島谷ひとみさんが、カバーした『亜麻色の髪の乙女』が有名なグループサウンズのグループだね。

亜麻色の髪の乙女

島谷ひとみ / 「亜麻色の髪の乙女」【OFFICIAL MV FULL SIZE】

その他にも、『ばら色の雲』なんか名曲だね。

ばら色の雲

清水道夫 (しみずみちお)さんに成り済ました、仰天の詐欺師が起こした事件も有名。

「♪亜麻色の~」熱唱サギ男は“常習犯”
ヴィレッジ・シンガーズのボーカル偽りカラオケ審査謝礼詐取

リバイバルヒット中の「亜麻色の髪の乙女」を歌ったヴィレッジ・シンガーズ=写真右=のボーカル清水道夫さんに成り済まして、長野県御代田町の「町民カラオケ大会」に審査委員長として出席し、謝礼15万円を受け取っていた大胆な詐欺師が捕まった。長野県警佐久署に6日、詐欺の疑いで逮捕されたのは、同町に住む飲食業、井出一雄容疑者(53)。以前にもロックグループ「横浜銀蠅」のメンバーを名乗って詐欺事件を起こした“常習犯”だった。

7月25日に開かれたカラオケ大会に商店会の依頼で出席した“ニセ清水”は、優勝者らに清水審査委員長名で表彰状を渡しただけでなく、大胆にも舞台に上り歌声まで披露。「亜麻色-」のほか、アンコールで「バラ色の空」まで熱唱していた。その歌声は本物にソックリだったようで、約800人が詰め掛けた会場だけでなく、地元ケーブルテレビで放送され、町民1万3000人が美声にしびれたという。

ところが偶然にも、清水さんの知人が会場にいて「面影がない」と疑問を持ち、事務所に照会してニセモノと確認。大会翌日、商店会の会長らが「あんた誰だ」と井出容疑者に迫ると、アッサリ「偽物です」と認めたという。

1年ほど前に同町に引っ越してきた井出容疑者は、最初から「清水」を名乗り、名刺まで準備。会長は「町中の飲食店にサインがあった。長い間、本物も見ていなかったし、疑いようがなかった」とあきれていた。

だが、井出容疑者は平成8年にも横浜銀蠅のメンバーに成りきって長野県内のイベントに出演したり、信じた女性と交際して現金を騙し取って捕まるなどしていた。

最初からモノマネで食っていけばよかったものを、詐欺の旨味が忘れ難かったのか。ホンモノの清水さんもマスコミの取材に「自分の偽物が出たのは初めて。多少驚きました。犯人がよほど手慣れていたのでしょう」などと話している。

ZAKZAK 2002/08/07

引用元::zakzak by 夕刊フジ (http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_08/g2002080709.html)

The Village Singers (ヴィレッジ・シンガーズ)のボーカル清水道夫さんの直筆のサイン入りの色紙

The Village Singers (ヴィレッジ・シンガーズ)のボーカル清水道夫さんの直筆のサイン入りの色紙

The Village Singers (ヴィレッジ・シンガーズ)のボーカル清水道夫さんの直筆のサイン入りの色紙

便利どっとリンク用の、直筆サイン保管箱その2に保管。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。