小林まこと直筆サイン・イラスト入り。講談社のボンボンコミックス『ガブリン (goblin)』1巻 (便利どっとリンク用の、直筆サイン保管箱その2に保管。)

kobayashi-makoto-goblin-autograph

今回は、What’s Michael? (ホワッツ マイケル?)で有名な漫画家、小林まことさんの直筆サインと、イラストが書かれた講談社のボンボンコミックス『ガブリン (goblin)』1巻を紹介するよ。

what's michael? (ホワッツ マイケル?)

what’s michael? (ホワッツ マイケル?)

小林 まこと(こばやし まこと、1958年5月13日 – )は、日本の漫画家。新潟県新潟市出身。本名は小林誠。主に講談社の漫画雑誌にて執筆。プロレス、格闘技好きで知られる。

歌手の小林幸子と親戚である。

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/小林まこと)

講談社のボンボンコミックス『ガブリン (goblin)』1巻

講談社のボンボンコミックス『ガブリン (goblin)』1巻

便利どっとリンク用の、直筆サイン保管箱その2に保管。

ガブリン』は、小林まことによる日本の漫画。『mimi』(講談社)で1992年12月号から1994年まで連載された。単行本は1巻のみで、発行時は「2巻に続く」となっているが未完となっている。 『コミックボンボン』(同)にてリメイクが2006年6月号から2007年8月号まで連載されたが、雑誌休刊のため未完。単行本は全3巻。 主人公が化け猫で人間を操る能力があるという設定だけが共通で、両作品のストーリーの関連性はない。

あらすじ (コミックボンボン版)

享保14年、佐賀藩主鍋島誠上から殺された龍造寺又八郎の仇をとるために、龍造寺に飼われていた猫が化け猫こまとなった。しかし、こまは雷に驚き自分の使命を忘れてしまい、280年が経過し現代で生活している。 月夜野研太郎は、こまのパンツを見てしまったことから、彼女と結婚することになる。そして2人の間には、人間とお化けのハーフ、ガブリンが生まれ、不思議な能力で様々な騒動を巻き起こす。

引用元:Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/ガブリン)

ボンボンコミックス版の、『ガブリン』では、猫マンガ、What’s Michael? (ホワッツ マイケル?)の、猫、マイケルも登場するが、ちくわを見つけて飛び出したところ、車に惹かれて化け猫に。

goblin-michael

小林まこと直筆サイン・イラスト入り。講談社のボンボンコミックス『ガブリン (goblin)』1巻

見開きの1ページ目に直筆サインと、主人公のガブリンのイラストが書かれています。

イベントで書いて貰ったものになります。

kobayashi-makoto-goblin-autograph

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。